わかりやすく、見やすいページ


(1)レイアウト, 構成

シンプルかつ一瞬で必要な情報が見渡せるように
  • できる限り少ない階層(3階層以下)の単純な構造にする。
  • 縦スクロールするページでも、特に見せたい情報, ユーザの見たい情報は1画面目に表示させる。

(2)ナビゲーション関係

基本はテキストリンク, 効果的なのは画像リンク+テキストリンク
  • ページの縦が1画面に入らないときは上下に設置する。
  • ページ数が多い, 構成が複雑な場合は、現在地が分かるように工夫する(パンくずの設置)。
  • レイアウトとナビゲーションは統一してわかりやすく, 使いやすく(「上→下」「左→右」の視点の流れに準じる)。

(3)情報量

1画面の情報量は適当か? スクロールするほどの情報か?
  • 1ページ内の情報は、1分程度で見渡せる量にする。

(4)文字、文章関係

読みやすい文章
  • 文章の行間を開ける(1.3em 〜 1.8em)。
  • できるだけ箇条書きを使う。

(5)画像

画像に頼り過ぎない
  • 効果的なものを最小限に使う